So-net無料ブログ作成

中国「期限切れ肉? 肉を使っていただけマシでしょう」 [ニュース]

 中国・上海の食品加工会社が期限切れの鶏肉を使っていた問題。
 アメリカの親会社の最高経営責任者が24日、詳しい調査のため、中国現地に専門家チームを派遣したことを明らかにした。

 現地では驚きの連続! 
 床に落ちた肉を拾い上げ、機械に放り込む従業員たち。明るみになった上海の食品加工会社「福喜食品」の工場でのあまりにずさんな実態。上海で、これまでの9社に加え、新たに別の2つの企業とも取引があったことが判明。11社の中には外食産業だけでなく食肉販売会社も含まれていて、その肉が市場に広く出回っていたのは確かである。

 しかし中国ジャーナリストは
 「肉を使っていただけマシでしょう」
 という衝撃発言!

 今、中国で本当に問題になっているのは、穀物、紙、薬品などを混ぜて作った合成偽装肉なんだとか。

 さすが中国!
 4000年の歴史の前では、消費期限とか、素材が何かとか、ささいなものなんですね!

 錬金術の国、中国。

 こうした中、中国のテレビでは・・・
 「ここ数年大手外国企業による品質の問題が次々と起きている。なぜ外国のブランドは中国市場に入ってくると安全の基準を下げてしまうのか」(中国中央テレビ)

 問題の会社がアメリカ企業の子会社であることを強調して、批判する。中国の英字紙「チャイナデイリー」も社説で、「外国資本だからといって危険な行為が見逃されるべきではない」と批判を展開。中国メディアでは、「外資」に責任を転嫁する論調が見られる。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。